【アジア料理と甘いものの食堂 日ごと/三島市】アンティーク調のカフェ風の店内で本格的なアジア料理を楽しむ

三島市

日ごととは

2021年にオープンしたばかりのアジア料理屋さんです。ご夫婦2人で切り盛りをしています。

「日々の何気ない日常の中にあるお店でありたい」という願いが、「日ごと」という店名にこめられています。

日ごとさんでは、ベトナム、タイ、台湾、日本、時々インドのお料理をベースに、旬の野菜を加えて提供しています。店主は八百屋さんで長年働いた経験があり、野菜にはこだわりがあるのだそう。

中の人
中の人

自宅でアジア料理って中々作れないんだよなぁ~~。

外観

古材風の扉や置物が可愛い、アンティーク調の小さな入口です。

駐車場はお店を向いて左側にあります。

この日は満席だったので名前を書いて車で待つことに。店員さんがわざわざ駐車場まで呼びに来てくださいました。

店内

お洒落でまとまりのあるインテリア達が印象的。机や棚などは、お店の工事の際に出た古材を使って店主自ら手作りをしているようです!!

梁をむき出しにした勾配天井が開放感的かつ素朴な雰囲気も醸し出しています。

カトラリー等細かい所までこだわりを感じる、センス抜群の空間です。

レジ前にはスコーンも売っています。この日は、「全粒粉のスコーン(180円)」「さつま芋とゴマのスコーン(200円)」「ほうじ茶とホワイトチョコのスコーン(200円)」「無花果とクリームチーズのスコーン(200円)」「チョコチップスコーン(200円)」のラインナップ。どれも美味しそう!

スコーンの日持ちは一般的に2~3日と言われています♪次の日のおやつや朝ごはんにぴったり!

実食!

メニューは日によって内容が変わるようです。この日のメニューはこちら。

私はエビとトムヤムクンのフォー(税込1,430円)を選択。食後にジャスミン茶(+220円)かぼちゃプリン(+550円)をセットにしました。

エビの出汁とココナッツ風味のスープに、少しだけ辛みとどっさり乗ったパクチーの風味がアクセントになって美味しい!

付け合わせの野菜たちは、香辛料が効いているエスニック風の味付けが中心。全て違った風味を感じるのでどれを食べても楽しいです!

スープ完飲

そしてセットにしたデザートがこちら♪

かぼちゃの主張が凄い!!!ほろ苦のカラメルが効いて、かぼちゃの甘さが引き立っています。夫曰く「これはさつまいもと言われてもわからない。」言いたいことは分かる…!そのくらい甘みが引き立っていて、野菜とは思えないお味です。

そして夫は牛肉とナムルのまぜご飯(税込1,430円)モカコーヒー(+220円)焼きリンゴのタルト(660円)をセットにしました。

彩豊かで綺麗な見た目。

デザートはリンゴタルト史上最高だったそうです(笑)

旬の野菜と香辛料を使ったアジア料理は、プロにしか作り出せない味。

店内がエスニック調ではなく、お洒落なカフェ風なので、誰でも立ち寄りやすい雰囲気。そこも魅力の1つではないでしょうか!

気の知れた女の子同士で行ったらついつい長居してしまいそう。メニュー変わるようなので是非他のものも食べてみたいです。

オススメポイント

  • カフェ風のアジア料理店はかなり珍しい。アジア料理を身近に感じることができます。
  • こだわりの旬野菜を使ったクオリティの高いアジアン料理。香辛料の風味が良い。
  • お店のアンティークな内装がこだわり抜かれていてセンス抜群!

お店の情報

お店への行き方

詳細

店名アジア料理と甘いものの食堂 日ごと
住所三島市東町2-21
営業日定休日 水曜、木曜
ランチ 11:00〜15:00 
喫茶 15:00〜18:00 (Lo17:00)
不定休や時間変更あり(お店のInstagramをチェック)
駐車場8台+臨時2台
特記事項予約不可
HPhttp://H P https://www.instagram.com/_higoto_/
営業日、営業時間などは変更となる場合がございますので、ご来店の際は予め店舗への確認をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました